早めに骨粗鬆症を予防しよう|医療機関で骨健康ライフ

hospital

腰痛の始まり

nurse

腰痛の原因の多くは、加齢や強い衝撃によって潰れたり圧迫される事で、痛みを引き起こす引き金に繋がっています。つまり上半身を支える背骨や腰の柱である、椎間板の衰えが腰痛のきっかけを作り、様々な腰痛を発生させています。腰痛を防ぐには椎間板の衰えを防ぐ必要があり、常日頃からメンテナンスを行う必要があります。また体の負担を避けるため、重い物を運んだり急な動作を回避する等、意識して生活する事が大切です。脊柱管狭窄症は加齢による椎間板の劣化が原因で起こり、弾力性が衰え薄く潰れる事で内部バランスが崩れます。脊柱管を通る神経や血管が圧迫されるため、脊柱管狭窄症が引き起こりますが、治療には様々な方法が用いられます。

脊柱管狭窄症の治療は状態によって異なりますが、最初は様子見から始まり、内容に応じて治療を判断します。脊柱管狭窄症は即日完治する症状ではないため、治療には時間がかかりますが、痛みを取り元通りの生活に戻る事ができます。けれども治療や動作に関しては注意点がいくつかあるため、正しく守る必要があります。脊柱管狭窄症は椎間板の衰えが原因で神経や血管を圧迫して発生するため、動作に気を付けて行動します。急に振り向いたりしない、ヒールの高い靴は避ける、適度な運動をして筋肉を付ける等、できる事を行います。また関節や骨を鍛える事は有効であるため、安静にしすぎず、酸素や栄養補給のために軟骨の劣化を避けるよう生活する事が大切です。

Copyright© 2016 早めに骨粗鬆症を予防しよう|医療機関で骨健康ライフAll Rights Reserved.