早めに骨粗鬆症を予防しよう|医療機関で骨健康ライフ

hospital

寝たきりになる原因の一つ

doctor

自宅で出来る対策とは

特に閉経後の女性が気をつけるべきことの一つに「骨粗鬆症」があります。骨粗鬆症は、初期段階では自覚症状はありませんが、徐々に腰や背中の痛みなどを感じるようになり、ちょっとしたことでも骨折しやすくなってしまいます。骨粗鬆症は早めに対策を講じることにより、予防することが可能です。予防のポイントは食生活と運動です。食事は、バランスの良い食事を心掛けるようにしましょう。骨に良い栄養素というとカルシウムというイメージがありますが、カルシウム単体では吸収率が良くないため、同時にビタミンDを多く含む食品を摂取するようにしましょう。また、適度な運動をすることは骨粗鬆症の予防につながるということが知られています。無理なく続けることが出来る散歩などが人気です。

検査を受けよう

骨粗鬆症であるかどうかの検査はいくつかあります。まず、骨の密度を計測する検査です。これにより、骨の状態を確認することが出来ます。また、レントゲン検査を受けることにより、骨が変形したり潰れている箇所がないかを調べることが出来ます。その他にも、尿検査や血液検査で他の病気の有無や骨の代謝バランス、ビタミンKの不足状態について調べることが出来ます。骨の状態を知るということは、その後の予防にも大いに役立ちますので、医療機関などに相談するようにしましょう。なお、骨粗鬆症と診断された場合には、医薬品が使用されることもあります。処方された医薬品については、医師の指示に従い、根気強く継続するということが大切になります。

腰痛の始まり

nurse

脊柱管狭窄症の原因は椎間板の衰えなので、年齢を重ねると多くの人が悩む腰痛要因の一つでもあります。日常生活や治療の注意点は椎間板への負担を軽減するため、急な動作や重い荷物の運搬は避け、骨や筋肉を鍛えると良いです。

View Detail

高齢者の皮膚にあるイボ

flower

高齢者のほぼ100%にあると言われているのが脂漏性角化症です。皮膚にできるイボのようなもので、徐々に大きくなりますが良性腫瘍とされています。病院での除去治療以外にも、スキンケアによって改善できることもあります。悪性腫瘍と見た目が似ているので、心配な時は皮膚科を受診しましょう。

View Detail

定期健診が重要となる

woman

甲状腺の病気はストレスが関係していることも多いため、ストレスを溜めないようにすることが大切です。また、定期健診を受けることによって、発症しているかどうか知ることができます。今後は患者が増えてくることが予測されています。

View Detail

Copyright© 2016 早めに骨粗鬆症を予防しよう|医療機関で骨健康ライフAll Rights Reserved.